「その他費用」 って何?

入居をお考えの方に、よくご質問頂くのが、「その他費用」です。

月額=家賃・管理費・水光熱費・食費 の他に、具体的に何が必要なのでしょう。

 

介護保険料1~2割負担

住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅にご入居の場合

介護保険は、訪問介護や、デイサービス、福祉用具のレンタルなどのサービスに利用できます。
在宅生活を送るのと同じで、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅については、
使用したサービスの分だけ料金が必要です。

原則としてかかる費用の1割を負担することになっています。
また、「要介護度」によって、利用できる限度額が設定されています。
限度額を超えるサービスを利用する場合は、全額負担となります。

 
下記は平成27年5月現在の介護保険サービス利用限度額です。

自己負担額

※地域によって違いがありますが、上記は基本を記しています。
※自己負担額は1割負担の場合。2割負担の場合は負担額表示分の倍額となります。
 
 

介護付有料老人ホームにご入居の場合

介護度に合わせて一日単位で利用額が設定されているので、下記の表のように
月額利用額も定額になります。
基本単位以外に、夜間看護体制加算や、医療連携加算、介護職員処遇改善加算
など、施設によって加算がある場合もあります

 

保険料

※地域によっても違いがありますが、上記は基本額を記しています。
※自己負担額は1割負担の場合。2割負担の場合は負担額表示分の倍額となります。

 
 

消耗品費

おむつ類や、洗剤、シャンプーなど、個人的に消費されるものの費用です。
施設によっては、洗剤やシャンプーなどは共用備品としているところもあります。

おおまかな平均値として、月額3,000円程度です。
(おむつを頻繁に利用される方だと、平均で月額10,000円程度です。)

医療代 薬代

ご病気や、医療保険の加入状況などによって異なります。
お薬を必要とされる方、されない方とでも大きく異なります。

おおまかな平均値として、月額5,000円程度です。

居室電気代

居屋で過ごされている時に使用される電気代を指します。

居室ごとにメーターが設置され、個別に電気代が計算されます。
夏場、冬場はエアコンの利用率が高いため、電気代も上がることが多いです。

おおまかな平均値として、月額5,000円程度です。
※施設によっては、共用部の水光熱費に含んでいる場合もあります。

 

結局、総額で毎月いくらくらい必要になるの?

下記「A施設」(介護付有料老人ホーム) にご入居の場合の
料金シミュレーションを元に参考にしてください。

総額

単位:円

※上記はあくまでも概算です。
 地域によって介護保険料の割負担に違いがあります。上記は基本額となります。
※自己負担額は1割負担の場合。2割負担の場合は負担額表示分の倍額となります。

このほかに、生活サービスの規定回数以上の利用により追加料金がかかる場合や、
病院への通院の付き添いや外出も時間当たりのサービス費としてかかる場合もあります。
また、レクリエーションを利用される方は、別途レクリエーション費用が必要な施設もあります。
ご入居検討の際には、細かな確認を!

Copyright (C) ねやがわ高齢者住宅ガイドセンター All Rights Reserved.